太陽光システム

エコ+節電家計に優しく地球にも優しく

太陽光発電の仕組みはこんな感じ!

01.電気をつくる 02.電気を集める 03.電気を変換する 04.電気を分配する 05.電気を測る

メリット1太陽光はエコ!!+非常時にも頼りになる!!

CO2を出さないから「エコ」

CO2を出さないから「エコ」石油や石炭などの化石燃料を使わず、太陽の光を電力に変えるので、CO2を一切出しません。

非常時の電源にも!

停電になった場合でも、ソーラーパネルが発電可能な日中の時間帯なら、「自立運転」に切り替えるだけで、パワーコンディショナ1台につきAC100Vで最大1,500Wまで電気製品が便えます※1 。

[使用可能な機器の例]最大1,500Wまでの電気製品を使用できます。※発電量が1,500W以下の場合、使用する電気製品の消費電力が1,500Wを超えないようご注意ください。

  1. ※1:自立運転の電力は、生命維符装置や救命装置、医療機帯、及びこれに準ずる機器には絶対に使用しないでください。自立運転をご利用になる際は、必ず付属の取級説明書をご確認ください。タコ足配線での使用はおやめください。ノートパソコンは内蔵バッテリーを装着してご使用ください。くもりや朝夕など発電量が少ない場合は、使用する電気製品の消費電力によって運転できない場合があります。また、天候変動によって日射量が低下した際は、使用できなくなる場合があります。モーターで作動する機器や運転開始時に大きな電流が流れるものには使用できません。自立運転に切り替えている場合は、停電が解消しても自動的に連系運転には戻りません。自立運転切り替え方法については、付属の取扱説明書をご確認ください。
  2. ※2:上記の消費電力値は目安です。ご使用の際には、各機器の取級い説明書等に記載されている消費電力をご確認ください。

メリット2太陽光は家計に優しい!!

電気と家計を支えるシステム太陽が出ている日中に発電した電気は、ご家庭で使う電気の一部をまかなえるから、電気代の節約に。さらに、余った分は電力会社へ売電でき、家計のプラスに。

日中の発電量が多い時は余った電気を「売り」、夜間や曇りで発電量が少ない時は電気を「買う」。
ご家庭の電気と家計を支えるシステムです。

平成26年度の買取価格表太陽光発電システム運転開始から10年聞は、
国が定めた価格で余った電気を売ることが出来ます。

〈平成26年度の買取価格〉

メリット3太陽光発電は投資回収も現実的!!

「発電でまかなえた電気代」と「余った電力を売ったお金」2つのおトクでモトをとる!

「発電でまかなえた電気代」と「余った電力を売ったお金」 投資回収イメージ

投資改修期間の方程式

投資回収期間(年) = 初期費用(円) / 年聞の節約電気代(円) + 年聞の売電金額(円)

投資回収シミュレーション:初期費用213万円 / 年聞の節約電気代 約33,000円 + 年聞の売電金額 約174,800円 = 投資回収期間 約10.3年

  1. ※1:平成24年4月~平成25年3月 新築/ 既築合算平均(JPEC公開情報より)
  2. ※2:※前提 ●家族:4人 ●名古屋市 ●ライフスタイル:夜型 ●設置方位:南 ●傾斜:30度 ●設置容量:SF170-Sx28枚=4.76kW ●年間消費電力量:5,650kWh ●年間発電量:6.109kWh ※平成26年度 固定価格買取制度の定める1kWあたり37円内税(設置容量10kW未満の場合)で売電を行った場合で試算。※電気代単価は24円/kWhとして計算。 ※発電量の計算には以下の4つの条件を使用しています。 ●日射量データ:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/年間月別日射量データベース(MONSOLA-II)の日射量データ ●素子温度の上昇による損失 4~5月及び10~11月:7%、6~9月:10%、12~3月:5% ●パワーコンディショナ損失:5% ●その他の損失:5%
  3. ※3:10年後以降も同金額で売電したとして算出

取り扱いメーカー

【国内】東芝 / パナソニック / ソラキューブ / シャープ / 京セラ / 三菱 / ソーラーフロンティア / 長府工産
【海外】レネソーラー / トリナ / カナディアンソーラー